ベンジョコオロギの潔癖

自己紹介

より詳しい趣味と嗜好

2016年に遊んだ、『トランプゲーム大全』に掲載されていないトリックテイキングゲーム


「Trick-taking games Advent Calendar 2016」より

2016年に遊んだ、『トランプゲーム大全』に掲載されていないトリックテイキングゲーム



@SomaSuper_bgというアカウントでTwitterをやらせていただいております。
トリックテイキングゲームについて語る「Trick-taking games Advent Calendar 2016」の13日目として参加させていただきました。



2014年にスモール出版さんの『トランプゲーム大全』が発売されてからというもの、この本を片手にいろんなゲームを遊ばせてもらいました。
しかしながら、ここではあえて、今年新しく遊んだゲームの中で、本に掲載されていないトリックテイキングゲームを紹介させていただくことにします。
「まだまだいっぱいあるんだね」とか思っていただければよろしいかと存じます。


グズベリー・フール

ルール:ゲームファーム

3人専用のゲームです。マストフォローではあるものの、出されたスートや色の組み合わせで勝敗が決まったり、
他人にトリックを獲らせる方が点数が高かったりと、他のゲームとは何もかもを異にする、有名デザイナーによる創作ゲームです。
「どうすれば勝てるかわからない」という話もありますが、個人的にはこのくらいひねったルールが好みです。


カムレッド

ルール:ドミッチの創作ゲーム

有志の方による創作ゲームです。トリックテイキングゲームでは初だと思われる、目標を達成するために、全員で協力するタイプのゲームです。
正直、ゲームだったら協力よりも対戦がしたいと思っていたのですが、これが意外とトリックテイキングの基礎に忠実で、
同系統のゲームを初めて遊ぶ人や、ビッドが難しいと思っている人に対して、よい学習になるゲームだと思いました。


トラックトリック

ルール:Togetter

3人専用のゲームで、3×3に並べたトランプ上にビンゴを作るのが目的のゲームです。アゴニィアントとはやることが逆です。
獲ったトリック数に対応するマスを獲得したことになるので、狙ったトリック数でなくてもマスを埋めることができます。
システムはよいのですが、相手のマスを奪い取れるため、ゲームが終わらない可能性があるのが欠点です。


フォア・ジャックス

ルール:カードゲームルール集

4枚のジャックはマイナス点になりますが、全て獲るとプラス点に転じます。ただし、トリックを獲るのは弱いカードを出した人です。
ハーツよりもカード枚数もポイントカードも少なく、覚えるべき情報が少なくて済むのは良いことだと思います。
弱いカードがトリックに勝つというのは、不可抗力の感が強くて、狙ってあれこれできるものではありませんでした。


バビ

ルール:じゃんごの「誰かこのゲームやってくれ!」

マストフォローの機構を使っているものの、手札を早くなくすのが目的のゲームです。ページワンに似ているかもしれません。
面白いのは、フォローできずにカードを捨てられた時点でトリックを中断し、強いカードを出した人がカードを引き取る点です。
一度だけやった感じでは、途中からカードの流れが一定になってしまい、ちょっと微妙な感じになってしまいました。


ミニミゼール

ルール:カードゲームルール集

7トリック中、6トリック獲るか、1トリックも獲らなければ高得点ですが、全トリック獲ってしまうと点数がもらえません。
ただし、全トリック獲ることを最初に宣言していれば高得点がもらえます。このトリック数による配点がよくできています。
手札の強弱に関わらず、得点のチャンスが与えられている公平さが気に入っています。元のルールには5人用のものもあります。


ブランデルン

ルール:カードゲームルール集

ビッド系でソロホイストというゲームがありますが、これはその元になったゲームだそうです。
マストフォローで、なおかつ勝てるカードを持っていればそれを出さなければいけないという、縛りの強いルールがあります。
縛りが強すぎて、ビッドが終わるとほぼ自動的にゲームが進むため、うまくビッドできるかどうかにかかっていました。





より詳しい趣味と嗜好
トップページ