ベンジョコオロギの潔癖

創作トランプゲーム

王様ゲーム


王様ゲーム



相手の手札を推測することが重要なトリックテイキングゲームです。
各スートのキングを何枚持っているかによって勝利条件が変わります。
改良前のゲーム『家族ゲーム』のルールはこちらです。



人数
3人専用です。

用意するもの
トランプ1組から、ジョーカー、数字札の2〜7、クラブの8を除いた27枚のカードを使います。

準備
じゃんけんか何かでディーラーを決めます。
ディーラーはカードをよく切ったのち、時計回りに1枚ずつ配り、全てのカードを均等に配ります。
配られたカードは各プレイヤーの手札になります。

プレイ
ディーラーの左隣のプレイヤーがオープニングリードとなり、トリックテイキングを始めます。
リードする人は手札から好きなカードを1枚、表向きで場に出します。
以降、時計回りの順にカードを1枚ずつ出していきますが、リードで出されたカードと同じスートのカードが手札にあれば、それを出さなければいけません。
同じスートのカードが手札にない場合に限り、別のスートのカードを出すことができます。

全員が場に1枚ずつ出したところで勝敗の判定をします。
全員が同じスートのカードを出した場合、その中で一番強いランクのカードが勝ちになります。
カードの強さは、強い順に10となります。
リードと別のスートのカードが出された場合、このカードは勝敗の判定から除外され、勝つことはできません。
リードと同じスートのカードの中でのみ、ランクを比べます。

勝敗の判定が終わったら、トリックに勝ったプレイヤーは、場に出されたカードをひとまとめにして自分の前に伏せて置いておきます。
ただし、この時に各スートのを出したプレイヤーがいたら、誰がどのカードを出したかわかるように、出した人の前に表にして置いておきます。
それ以外の獲得したカードは、トリックごとに山を作り、勝った回数がわかるようにしておきます。
勝ったプレイヤーは次のリードプレイヤーとなり、新たなトリックを始めます。

■AでKに勝った場合
スートに関わらず、Kが出されたトリックで、Aがトリックに勝った場合、Kを出したプレイヤーは、そのKをAを出したプレイヤーに押し付けることができます。
1トリック中にKが2枚出た場合は、先に出したプレイヤーから相手に押し付けるかどうかを決めます。
押し付けられたKは、そのプレイヤーが持っているKとして、表にして置いておきます。

ゲームの終了と得点
手札を使い切ったところで1ディール終了です。
各プレイヤーの前にあるKの枚数を数えます。持っている枚数と獲得したトリックによって勝利条件が変わります。

■1人がKを4枚持っていたら
4枚持っているプレイヤーが7トリック以上獲っていたら、そのプレイヤーの勝利です。

■1人がKを3枚、もう1人が1枚持っていたら
3枚持っているプレイヤーが6トリック以上獲っていたら、そのプレイヤーの勝利です。

■1人がKを2枚、もう1人が2枚持っていたら
2枚持っているプレイヤーが、2人合わせて8トリック以上獲っていたら、その2人の勝利です。

■1人がKを2枚、残りの2人が1枚ずつ持っていたら
2枚持っているプレイヤーが5トリック以上獲っていたら、そのプレイヤーの勝利です。

どの場合でも、当該のプレイヤーが勝利条件を満たしていなかったら、それ以外のプレイヤーの勝利となります。
勝利したプレイヤーは、得点として1点がもらえます。

ひとつのディールが終わったら、ディーラーを左隣の人に交代して次のディールを始めます。
得点を合計していって、先に規定点数に到達したプレイヤーの勝ちです。
同時に規定点数に達した場合は、同点が解消されるまでゲームを続けます。

点数を付けないルール
ディールが終わったら、4つの勝利パターンと、誰がどのパターンで勝利したのかを記録していきます。
いずれかのプレイヤーが、Kを2枚以上持った上での勝利を4つのパターン全てで達成するか、パターンに関係なく8回勝利したら、そのプレイヤーの勝ちです。
2人以上のプレイヤーが同時に8回勝利した場合は、同点が解消されるまでゲームを続けます。
ただし、その間に「Kを2枚以上持った上での勝利を4つのパターン全てで達成」したプレイヤーが現れたら、そのプレイヤーの勝ちになります。





創作トランプゲーム
トップページ