ベンジョコオロギの潔癖

創作トランプゲーム

セブンユーカー


セブンユーカー



ボードゲームサークルイリクンデさんが製作した、『セブン』を使ったトリックテイキングゲームです。
オークションで競り勝った親が切り札を決めることができます。



人数
4人専用です。向かい合った2人がチームになります。

用意するもの
セブン1組49枚のカードを使います。

準備
じゃんけんか何かでディーラーを決めます。
ディーラーはカードをよく切ったのち、時計回りに1枚ずつ配り、各プレイヤーに12枚のカードを配ります。
配られたカードは各プレイヤーの手札になります。余った1枚は裏にして中央に置いておきます。

オークション
ディーラーの左隣のプレイヤーから、親を決めるためのオークションを行います。
時計回りの順に、ビッドするか、パスを宣言していきます。ビッドは、前のビッドよりも高位のものでないと宣言できません。

ビッドは、切り札にするスートと獲るトリック数を合わせて宣言します。獲るトリック数は7トリックから宣言することができます。
例えば、コインのスートを切り札にして8トリック獲れると思えば「コインの8」というふうに宣言します。
ビッドは、獲るトリック数が多い宣言が高位となります。トリック数が同じ場合は、ランクの分布がより低いスートの宣言が高位であるものとします。
また、切り札のないノートランプを宣言することもできます。ノートランプはハートの宣言よりも高位となります。
まとめると、宣言は低いものから順にコフィンの7タイムの7スターの7コインの7……、ハートの7ノートランプの7と高くなり、
この次はコフィンの8タイムの8……と続き、最終的にはノートランプの12が最も高位の宣言となります。

一度パスを宣言したプレイヤーでも、再び順番が回ってきたらビッドすることができます。
誰かが「ノートランプの12」をビッドするか、3人が続けてパスをしたらオークションは終了します。
この時点で最も高位のビッドを宣言したプレイヤーが親になります。

もしも最初の3人がパスをした場合、ディーラーがビッドすればオークションは続行されます。
最初の3人がパスして、さらにディーラーもパスをした場合、伏せられていた1枚のカードを表にします。
表になったスートが強制的に切り札になります。今度はこのスートを切り札にして何トリック獲れるかをビッドするオークションを行います。
ディーラーの左隣から順番に、獲るトリック数か、パスを宣言していきます。
誰かが「12トリック」をビッドするか、3人が続けてパスをしたらオークションは終了します。
この時点で最も高位のビッドを宣言したプレイヤーが親になります。

また、このオークションでも最初の3人がパスをした場合、ディーラーがビッドすればオークションは続行されます。
最初の3人がパスして、またしてもディーラーがパスをした場合、ディールのやり直しになります。
全てのカードを集めて、現在のディーラーの左隣のプレイヤーが次のディーラーとなり、カードを配り直します。
配られたカードを見た上で、新たにオークションを行います。

切り札の強さ
切り札スートのあるゲームの時は、親が宣言したスートと、全ての7のカードが切り札スートになります。
これらの7のカードは、元からあるスートではなく、切り札と同じスートのカードとして扱います。
例えば、コインが切り札に指定されている時、他のプレイヤーがコインでリードした場合、
手札にコインのカードがなくても、7のカードが持っていればそれを出さなければいけないということになります。
カードの強さは、親が指定したスートの7が最も強く、以降はランクの大きい順に強くなります。
同じランクのカード、すなわち親が指定していないスートの7は6枚ありますが、
これが複数枚出た場合は元のスートのランクの分布がより高いカードが強くなります。

例えば、親がブックを切り札に指定した場合、切り札の順位はブックの7が最も強く、
ブックの9と続き、次にコフィンの7タイムの7スターの7コインの7オニオンの7ハートの7
そしてブックの6となります。

手札の交換
親になったプレイヤーは手札の交換をします。
親プレイヤーは中央に伏せられているカード1枚を手札に加えた後、手札からカード1枚を裏向きにして捨てます。
捨てられたカードはひとつのディールが終わるまで、他のカードと混ざらないよう脇に寄せておきます。

配り余った1枚がすでに表になっている場合、手札の交換は行われません。
その1枚は他のカードと混ざらないよう、表のまま脇に寄せておきます。

プレイ
親プレイヤーがオープニングリードとなり、トリックテイキングを始めます。
リードする人は手札から好きなカードを1枚、表向きで場に出します。
以降、時計回りの順にカードを1枚ずつ出していきますが、リードで出されたカードと同じスートのカードが手札にあれば、それを出さなければいけません。
同じスートのカードが手札にない場合に限り、別のスートのカードを出すことができます。

全員が場に1枚ずつ出したところで勝敗の判定をします。
全員が同じスートのカードを出した場合、その中で一番強いランクのカードが勝ちになります。
カードの強さは、大きい数字ほど強くなります。Aは数字の1、Kは数字の13として扱います。
リードと別のスートのカードが出された場合、このカードは勝敗の判定から除外され、勝つことはできません。

ただし、例外として、切り札のスートのカードが出されていたら、そのカードの勝ちになります。
切り札スートのカードが複数枚出されていた場合、その中で一番強いカードが勝ちになります。

勝敗の判定が終わったら、トリックに勝ったプレイヤーは、場に出されたカードをひとまとめにして、
自分のチームの獲ったトリックであることがわかるように伏せて置いておきます。
以降、獲得したトリックごとに山を作り、勝った回数がわかるようにしておきます。
勝ったプレイヤーは次のリードプレイヤーとなり、新たなトリックを始めます。

ゲームの終了と得点
手札を使い切ったところで1ディール終了です。各チームは獲得したトリック数により点数が入ります。
まず、チームごとに獲ったトリック数1つにつき1点をもらいます。

次に、親のいるチームのビッドの成否によって点数が入ります
親のいるチームは宣言以上のトリックを獲得できたらビッド成功です。
宣言したビッドによって以下の点数をもらいます。

切り札 / トリック数



10
11
12
コフィン

15
23
31
39
47
タイム

16
24
32
40
48
スター

17
25
33
41
49
コイン
10
18
26
34
42
50
ブック
11
19
27
35
43
51
オニオン
12
20
28
36
44
52
ハート
13
21
29
37
45
53
ノートランプ
14
22
30
38
46
54

親のいるチームが、宣言したトリック数未満だったらビッド失敗です。点数はもらえません。
相手チームは、【親チームの宣言したトリックに足りない数】【相手チームが獲ったトリック数】掛けた数を得点としてもらいます。
例えば、親が「スターの10」とビッドしたものの、親のいるチームが8トリックしか獲れなかった場合、
相手チームは【親チームが獲れなかった2トリック】と【相手チームが獲った4トリック】を掛けた数、8点をもらいます。

ひとつのディールが終わったら、ディーラーを左隣の人に交代して次のディールを始めます。
得点を合計していって、先に規定点数(77点、100点、200点など)に達したチームの勝ちです。
同点になった場合は、同点が解消されるまでゲームを続けます。





創作トランプゲーム
トップページ