ベンジョコオロギの潔癖

創作トランプゲーム

セブンフール


セブンフール



ボードゲームサークルイリクンデさんが製作した、『セブン』を使ったトリックテイキングゲームです。
ペアでチームを組んでトリックを取り合います。



人数
4人専用です。向かい合った2人がチームになります。

用意するもの
セブン1組すべてのカードを使います。

準備
じゃんけんか何かでディーラーを決めます。
ディーラーはカードをよく切ったのち、時計回りに1枚ずつ配り、各プレイヤーに12枚のカードを配ります。
配られたカードは各プレイヤーの手札になります。
余った1枚は表にして中央に置きます。このカードはオープニングリードとみなしてゲームを始めます。

プレイ
ディーラーの左隣のプレイヤー最初にカードを出してトリックテイキングを始めます。
中央に表になったカードが、オープニングリードされたカードです。
そのスートと同じスートのカードが手札にあれば、それを出さなければいけません。
以降、時計回りの順にカードを1枚ずつ出していきますが、リードで出されたカードと同じスートのカードが手札にあれば、それを出さなければいけません。
同じスートのカードが手札にない場合に限り、別のスートのカードを出すことができます。
全員が場に1枚ずつ出したところで勝敗の判定をします。

■場に出たカードが全て同じスートだったら
一番強いランクのカードが勝ちになります。

■場に2種類のスートのカードが出ていたら
4枚目に出されたカードのスートでない方のスートの中で、一番強いランクのカードが勝ちになります。

■場に3種類のスートのカードが出ていたら
2枚出ているスートの中で、一番強いランクのカードが勝ちになります。

■場に出たカードが全て異なるスートだったら
ランクの分布が一番低いスートのカードが勝ちになります。

カードの強さは、大きい数字ほど強くなります。Aは数字の1、Kは数字の13として扱います。
勝敗の判定が終わったら、トリックに勝ったプレイヤーは、場に出されたカードをひとまとめにして、
自分のチームの獲ったトリックであることがわかるように伏せて置いておきます。
ただし、獲得したカードの中に7のカードがあったら、それだけを抜き出し、どのトリックで何枚が出たのかがわかるように表にして置いておきます。
以降、獲得したトリックごとに山を作り、勝った回数がわかるようにしておきます。
勝ったプレイヤーは次のリードプレイヤーとなり、新たなトリックを始めます
以降のリードでは、リードする人は手札から好きなカードを1枚、表向きで場に出します。

ゲームの終了と得点
手札を使い切ったところで1ディール終了です。
各チームの獲得したトリックと、7のカードの枚数によって点数が入ります。
それぞれのチームは、獲得したトリック1つにつき1点をもらいます。
ただし、7のカード1枚か3枚含まれているトリック3点2枚か4枚含まれているトリックマイナス3点として計算します。
ひとつのディールが終わったら、ディーラーを左隣の人に交代して次のディールを始めます。
得点を合計していって、先に規定点数に達したチームの勝ちです。
同時に規定点数に達した場合は、同点が解消されるまでゲームを続けます。





創作トランプゲーム
トップページ