ベンジョコオロギの潔癖

創作トランプゲーム

スタンダール


スタンダール



名古屋市にあるボードゲーム屋さんゲームストア・バネストさんが販売している、『テノス』を使ったトリックテイキングゲームです。
最初に指定されたスートのカードをできるだけ獲らないようにします。



人数
5人以上、7人まで遊ぶことができます。

用意するもの
テノス1組からジョーカーを除いた78枚のカードを使います。

準備
じゃんけんか何かでディーラーを決めます。
ディーラーはカードをよく切ったのち、時計回りに1枚ずつ、各プレイヤーに同じ枚数が行き渡るように配ります。
配られたカードは各プレイヤーの手札になります。
カードが余ったら、裏にして中央に置いておきます。6人で遊ぶ場合はカードは余りません。

トリックテイキングを始める前に、獲るとマイナス点になる二つのスートを決めます。
手札の中から1枚を選んで自分の前に伏せて出します。
全員が伏せたところで、各プレイヤーが出したカードと、あれば中央に置いている余ったカードを同時に表にします。
表になったカードの中で、一番枚数の多いスートが何であるかを確認します。これがマイナス点になるスートのひとつになります。
一番枚数の多いスートが2種類以上あった場合、その中で最も強いランクのカードがあるスートが、マイナス点スートになります。

最も強いランクが同じだった場合は、二番目、それも同じならば三番目に強いランクを比べます。
例えば、6人プレイで、クラブの5、クラブのJ、ハートのK、クラブのK、ハートの4、ハートのJが出た場合、
二番目までランクが同じですが、三番目に強いカードを比べると、クラブの方がランクが高いので、クラブがマイナス点スートになります

それも同じだった場合は、ディーラーの右隣から反時計回りにみて、
最多のスートの中で、最初に出されたカードのスートを、マイナス点スートとします。
例えば、7人プレイで、ディーラーから反時計回りの順に、
ダイヤのJ、、クラブのQ、リーフの10、スペードの9、スペードのA、クラブの8、クロスの6、リーフの4、そして中央のカードでハートの3が出た場合、
クラブ、リーフ、スペードがそれぞれ2枚で最多ですが、反時計回りの順だとクラブが最初に出ているので、クラブがマイナス点スートになります。

全員が出したカードからスートをひとつ決めたら、自動的にもうひとつのスートも決まります。
スペードハートクラブダイヤクロスリーフの組み合わせがそれぞれになっているものとします。
全員が出したカードで決まったスートと、それと対になっているスートの2種類が、獲るとマイナス点になるスートになります。

マイナス点になるスートを決めたら、いま表にしたカードは以降はゲームには使いませんので、
ひとまとめにしてゲームの邪魔にならないところに寄せておきます。

プレイ
ディーラーの左隣の人がオープニングリードとなり、トリックテイキングを始めます。
リードする人は手札から好きなカードを1枚、表向きで場に出します。
以降、時計回りの順にカードを1枚ずつ出していきますが、リードで出されたカードと同じスートのカードが手札にあれば、それを出さなければいけません。
同じスートのカードが手札にない場合に限り、別のスートのカードを出すことができます。

全員が場に1枚ずつ出したところで勝敗の判定をします。
場に出されたカードのスートが全て同じだった場合、その中で一番強いランクのカードが勝ちになります。
カードの強さは、強い順に10となります。

場に出されたカードのスートが2種類以上あった場合、最も多く出ているスートの中で、一番強いランクのカードが勝ちになります。
最も多く出ているスートのカードが2種類以上あった場合、それぞれのスートの最後に出されたカードが、より後に出された方のスートの中でランクを比べ合います。

例えば、5人でプレイしていて、ダイヤの10、クロスのQ、スペードの9、スペードの2、クロスの5が出た場合、
クロスとスペードが最多で2枚ずつ出ていますが、クロスの2枚目の方が後に出ていますので、クロスのスートの中で強さを比べます。

ただし、5人か6人で遊んでいる時に限り、全員が異なるスートのカードを出した場合、リードした人が勝ちになります。

勝敗の判定が終わったら、トリックに勝ったプレイヤーは、場に出されたカードをひとまとめにして自分の前に伏せて置いておきます。
勝ったプレイヤーは次のリードプレイヤーとなり、新たなトリックを始めます。

ゲームの終了と得点
手札を使い切ったところで1ディール終了です。獲得したカードによって失点と得点を受け取ります。
各プレイヤーが獲った、マイナス点スートのカード1枚につきマイナス1点を受け取ります。
ただし、各プレイヤーが獲った、マイナス点になる2種類のスートの中で、それぞれ最もランクの低いカード1枚は、そのランクがそのままマイナス点になります。
この場合、はそれぞれ11点12点13点1点とします。

トリックを獲ったものの、マイナス点スートを1枚も獲らなかったプレイヤーは得点をもらいます。
マイナス点スートを獲らなかったプレイヤーは、獲ったカードのスートが1種類なら1点2種類なら3点3種類なら6点4種類なら10点をもらいます。

ひとつのディールが終わったら、ディーラーを左隣の人に交代して次のディールを始めます。
得点を合計していって、マイナス点が規定点数に達したプレイヤーが現れたらゲーム終了です。
その時点で最も点数の高いプレイヤーが勝ちです。同点だった場合は、同点が解消されるまでゲームを続けます。





創作トランプゲーム
トップページ