ベンジョコオロギの潔癖

創作トランプゲーム

融通無碍

融通無碍(サイコロ2個の旧ルール)


融通無碍 (サイコロ2個の旧ルール)



ゲームを始める前に、自分のトリック数を予想するトリックテイキングゲームです。
トリック数は、2個のサイコロを組み合わせることで予想します。



人数
3人か4人で遊べます。

用意するもの
トランプ1組からジョーカーを除いた52枚と、プレイ人数の2倍の数のサイコロを用意します。
3人で遊ぶ場合は、数字札の2〜5を除いた36枚のカードを使います。

準備
じゃんけんか何かでディーラーを決めます。
ディーラーはカードをよく切ったのち、時計回りに1枚ずつ配り、全てのカードを均等に配ります。
配られたカードは各プレイヤーの手札になります。

ビッド
全てのサイコロを一度に振ります。ビッドはサイコロを2個、組み合わせてできる数字で表します。
ディーラーの左隣のプレイヤーから時計回りの順に、好きなサイコロを1個ずつ取っていきます。
これを二周行いますので、全員、サイコロを2個持つことになります。
サイコロを取るときは目を変えてはいけませんが、最後の1個だけはサイコロを裏返して取ることができます。

プレイ
ディーラーの左隣のプレイヤーがオープニングリードとなり、トリックテイキングを始めます。
リードする人は手札から好きなカードを1枚、表向きで場に出します。
以降、時計回りの順にカードを1枚ずつ出していきますが、リードで出されたカードと同じスートのカードが手札にあれば、それを出さなければいけません。
同じスートのカードが手札にない場合に限り、別のスートのカードを出すことができます。

全員が場に1枚ずつ出したところで勝敗の判定をします。
全員が同じスートのカードを出した場合、その中で一番強いランクのカードが勝ちになります。
カードの強さは、強い順に10となります。
リードと別のスートのカードが出された場合、このカードは勝敗の判定から除外され、勝つことはできません。
リードと同じスートのカードの中でのみ、ランクを比べます。

勝敗の判定が終わったら、トリックに勝ったプレイヤーは、場に出されたカードをひとまとめにして自分の前に伏せて置いておきます。
以降、獲得したトリックごとに山を作り、勝った回数がわかるようにしておきます。
勝ったプレイヤーは次のリードプレイヤーとなり、新たなトリックを始めます。

ゲームの終了と得点
手札を使い切ったところで1ディール終了です。獲得したトリックの数によって点数が入ります。
まず、獲得したトリック1つにつき1点になります。
次に、獲得したトリックの数が、2個のサイコロの目を足し算、引き算、掛け算、割り算のいずれかで得られる値と一致するなら、ボーナスとして6点もらえます。

例えば、ビッドでの目のサイコロを取った場合、獲ったトリックの数が【2+6】【6−2】【6×2】12【6÷2】だったら、ボーナス点がもらえます。
また、ゾロ目のサイコロを取った上でトリックを全く獲らなかった場合は、サイコロの目の差が0なので、これもボーナス点がもらえます。
引き算と割り算に関しては、どちらの数字から計算しても構いません。

ひとつのディールが終わったら、ディーラーを左隣の人に交代して次のディールを始めます。
人数の倍数回ディールを行うか、誰かが規定点数に達したらゲーム終了です。点数の一番高いプレイヤーの勝ちです。
同点の場合はその人たちみんなの勝ちです。

オプションルール
二色のサイコロ
もっと難しいルールで遊びたい、あるいは家にサイコロが死ぬほどあるけど使い道がない、そういったご家庭におすすめしたいルールです。
二色のサイコロをそれぞれ人数分用意します。
ビッドの際、1個目は好きなサイコロを取れますが、2個目は、1個目と異なる色のサイコロしか取ることができません。
それ以外は通常どおりプレイします。

禁止トリック数
サイコロを1個、多く用意します。
最後にビッドするプレイヤーが、サイコロを裏返してから取れるルールはそのままです。
全員がビッドしたあとに残ったサイコロの目が禁止トリック数になります。
点数計算の際、この禁止トリック数と同じ数のトリックを獲ってしまったら、たとえビッドに成功していてもボーナス点はもらえません。





『融通無碍』
トップページ